30歳日記

30歳なので、記念に日記を書いています。

20170730 夕立ち

昨日は
結構本気なゲリラ豪雨に合い、
干してた洗濯物はビショビショになるわ、
傘なしで外出したもんだから
車から家まで荷物を運ぶまでに
自分も濡れに濡れた。


あぁ、7月の終わりは
こんな雨に見舞われることが多いな。
とふと思う。


一年前の今日。
私は妻と、
ライブに参戦するため山形にいた。


「ABEDON50祭サクランボー祝いのアベドン」。
日本を代表するバンド、ユニコーン
リーダーABEDONの生誕50周年を
故郷の山形で祝うという催しだ。


お昼前には山形駅に到着し、
駅前のビルから山形の街並みを見渡したり、
喫茶店で一休みしたりしながら過ごしていた。
天気も快晴だった。


ホテルに一度チェックインして、
そこから会場へ向かうシャトルバスに乗って
開場の17時めがけて会場へ向かう。
思わぬダジャレが出てしまったが、
当日はそんな手筈で動いていて、
時間には余裕があった。


宿泊予定のホテルの場所も目視で確認し、
少し近くの商店街を
散策することにしたあたりで
先程の晴れ空がいつのまにか
雲に覆い隠されていることに気付いた。


しかしもうホテルから離れた方向へと
歩き出している。
戻る?戻らない?
と迷っていたところに
一滴ポトン、
ポトン、
ザッバー
という具合に雨が降り出した。


我々は、急いで商業ビルに避難。
上層階にちょうど百円均一があったので、
傘とレインポンチョを買った。
が、どちらも小さいし、
風にあおられてポンチョのフード意味ないし、
悲惨な状態になるのに時間はかからなかった。
街の排水溝もザバザバと
あっという間に洪水し出していて、
靴下までしっかりと水が染みて、
なんかもう笑うしかなかった。


半ば諦めて、荷物だけポンチョで守りながら、
ぐっしょりぐしょぐしょで
ホテルの場所へと戻りチェックイン、
シャワーを浴びたりしていたら
シャトルバスの時間が迫っており、
結局バタバタになった記憶。


で、会場に着くころには
夢でも見ていたのかという具合に
雨も上がり、無事ライブにも参戦できた。


そのせいもあってか、
あの日、
一曲目に演奏された
ABEX GO GOの「夕立ち」を
思い出すだけで
未だにジーンとするぐらい
記憶に残るライブとなった。


楽しかったな。
また行きたいな、山形。
阿部さん、
51歳おめでとうございます。

広告を非表示にする