30歳日記

30歳なので、記念に日記を書いています。

20180122 雪の降る町

雪だったね。

雪も雪、大雪だった。

 

 

都内では昼過ぎ頃から帰宅命令が出ている企業も

ちらほらあったみたいで、

私の会社も帰れる人は帰ってもよしみたいな曖昧な指示が出た。

 

 

みんな朝から天気の具合はどうかと業務も上の空だったし、

ただハードモードな帰宅を嗜むための日だったように思う。

あの日はどう考えても休みにすべきだったと思う。

もし雪が降らなかったら、「降らなかったね、あはは」って

笑い合えばみんなで1ミリぐらい仲良くなれたと思う。

 

 

私も17時には仕事を終えることができて、

妻と合流し、いつも1時間半かけて帰る道を

関東の大人たちとのおしくらまんじゅうを

3時間弱楽しんだのち帰宅できた。