30歳日記

30歳なので、記念に日記を書いています。

20180115-0119 フルエンライフ

今からちょっと画期的なことをするよ。

5日分を1記事にまとめる。

手を抜くのではない。凝縮するのだ。

手抜きじゃなく手詰めと呼んでほしい。

 

 

よくもわるくもインフルエンザの1週間だったのだ。

もうそれしかない。

 

 

インフルエンザの期間というのは本当に特殊で、

休みだけど家から出られず

社会の中にいるようないないような

インフルエンザという悪いなにかを抱えながら

自宅というシェルターの中で息をひそめて暮らす

みたいな時間が過ぎていくのだった。

 

 

外に買い物に行くわけにもいかないし、

ネットショッピングなら大丈夫かと思いきや

宅配の人と対面してうつしてしまったら大変だ。

出前も同じ。

ゴミ捨ても前日の夜中、人のいない時間帯に

ささっと捨てに行って速攻で戻るみたいな生活だった。

 

 

妻は身体の痛みやだるみが辛い期間があったのだけど、

熱はもう日曜日の時点で下がっていたので、

よくないけどよかった。

不幸中のさいわなんとかだ。

私は結局発症しなかった。

 

 

で、週の後半には二人とも無事社会復帰できて、

普段より、より無理せず生きることを心がけているさなか。もなか。同じ漢字。

で、日記も滞ったわけですよ。

いや手抜きだなこれ。

20180114 フルエン

土曜日の夜に

体調が芳しくなさそうな妻のおでこを触ってみたら

もうそれだけで熱があることがわかった。

 

 

夜中だが救急に診てもらった方がいいのでは。

この時期だとインフルエンザの疑いがある。

体温計は38度を軽く越えているし。

 

 

で、救急相談的な番号にかけてみたら

発熱してから時間が経たないとインフルエンザ発症かどうかの検査ができないらしく、

日曜日早朝から診てもらえる施設を紹介してもらった。

家からめっちゃ近かった。知らなかった。

マジ勉強になりました。

 

 

で、インフルエンザでした。

こういうとき、会社どうしようというのが頭をよぎるもんですね。

インフルか!しゃあねぇ!休もう!

と快活に振り切れる環境にしておくことがベストだと思います。

 

 

あと結果的にではありますが、

前日は潜伏期間だったのに

ちょっと外出してしまい本当に申し訳ありません。

普段から妻も私もマスク生活は心がけているものの。

 

 

診てもらったのが早朝だったので、

なるべく人の少ないお店で食材を買いこんで速攻帰宅しました。

 

広告を非表示にする

20180113 前夜。

朝から散髪に行った1月13日。

年末伸びっぱなしが

気になりまくっていたから

うなじを撫でる冬の風もいつもより心地よく感じたもんさ。

 

 

午後は歯医者にも行ったりして

注文していたコンタクトレンズも受け取りにいったっけ。

その前の週末に実家に帰っていて

できなかった用を済ませた。

ただ洗車と初詣はかなわなかった。

今思うと行けるわけがなかったのだが。

次の日以降、私と妻は家からほぼ出られなくなる。

 

 

広告を非表示にする

20180112 股空申訳

1月20日現在、

1月12日の記事が書けていない。

またあいちまった。

股 愛 血 末端

 

 

意地で書いていく。

1月12日はおそらく金曜日。

平日だから仕事をしていたおそらく。

あとは記憶がZERO。

糖質だったら喜ばれるのに

記憶がZEROだと全然喜ばしくない。

次行ってみよう。

広告を非表示にする

20180111 意味なし知識って偉大な予感がする

これ覚えてたからと言って何になるんだ

みたいな知識があるじゃないですか。

 

 

野球の選手名だけやたら覚えるとか、

人の誕生日だけ覚えてるとか

電車の車両番号覚えてるとか。

 

 

そんなのクイズの問題にもならないよという感じの。

それ単体で覚えていても決して頭がいいとは言われない感じの。

 

 

人々のそういう細かいものにポイントがついて、

優遇を受けたり、称えられたり

しないもんかなぁと最近考えています。

いやふんわりにもほどがある。

頭お花畑にもほどがある。

 

20180110 年賀状事情

今年私は、

一昨年まで在籍していた部署の方数名に

年賀状を送ったんですよ。

 

 

送った方がいいかなーどうかなー。

相手の方はもう送るリストから省いてるかなー。

だとしたら枚数かさんじゃって迷惑かなー。

とか悩みながら。

 

 

ほしたら案の定というか、

やはり一呼吸置いてからの

あ、やべこの人今年もきたかーしゃあねぇ返しとくか

的タイミングで来る枚数が多かったです。

 

 

で、

一言も書かれないで「素」のまま来るのが多くて。

もうこれは何というか

送ってくれなくてもよかったんじゃないか。

すごく相手に面倒をかけてしまったんじゃないか。

いやしかし私はいま、

この無言の年賀状を前に、もう送ってくれるなというメッセージを

しかと受け取っているのではないか。

一体全体この年賀状という文化は本当に何なんだろう。

という気づきにあふれた年賀状事情でありました。

 

 

来年からは、送らずに済みそうです。

広告を非表示にする

20180109 もみあげをまきあげ

マスクを装着したまま仕事をしていて、

お茶飲むときとかは下にクイッとずらすでしょ。

 

 

そうこうしていると

マスクのひもがもみあげをくりくりくりって

くりくりくりってやるから

ただでさえ天パだから

 

 

トイレで鏡見るたび

もみあげで笑い取ろうとしてる奴みたいになってて、

あぁ早く髪切りてぇ

って思ってたんじゃなかったかなこの頃。

20180108 てっえかてっい

7~8日は、

一泊二日で実家に夫婦で帰りました。

 

 

私は故郷に帰る際にナーバスになるという特殊能力を持っているのですが、

一般的に皆様はどうなのでしょうか。

ナーバさないのでしょうか。

ネスカフェアンバサダーバさないのでしょうか。

 

 

とはいえ、客人として

かなりもてなしていただきました。

 

 

故郷をはなれ10年以上が経って

改めてたまたま生まれた街を眺めると

街並みや息づく文化、謳われていることばなどが

独特の、独特感だなぁというふんわりとした感想を抱きました。

 

 

あと家帰ってきて、

家最高かよと思いました。

 

20180107 縛りを解いて

あいたたたたたた。

7日も期間があいたたたたた。

 

 

7日あいたついでに、

初めてPCのブラウザで日記を書く。

今まではずっとポメラで書いてきたからね。

PCでは誤字の修正ぐらいしかしたことがない。

 

 

行間の具合がよくわからないな。

意外と打ち込み画面の文字がでかいな。

ドキドキ。

 

 

よし、一記事分書けたわー。

 

20180106 痛ければ挙手

「痛かったら手あげてくださいねー」
と歯の詰め物を取る治療中に声をかけてもらった。


でも痛みが刹那すぎるから
手をあげるタイミングが難しすぎて、
長い時間一度も手をあげないもんだから、
「痛くないんですか?大丈夫?我慢してない?」
「い、いや大丈夫です」つって
めっちゃやせ我慢してる風の人になってしまった。


あと手あげたら手ぶつかる位置に助手さんいるけどそれは。
それはどうすれば。どの塩梅であげれば。


歯医者まだむずいなー。