30歳日記

30歳なので、記念に日記を書いています。

20171023 Abemaありがてぇな

AbemaTVで、
アイドルマスターシンデレラガールズ
一挙放送が放映されていて
雨風吹きすさぶ昨日、
家で一挙に見た。1話~6話まで。


もう1話の時点で涙腺に危機が訪れたけど、
がんばって観た。
ラスト間際の卯月の回とか、もう観られる自信がないよ。
嗚咽してるよきっと。


そんな昼を過ごして、
夜は夜で4thライブのDVDを見返して、
アニメを観た後だとより感慨深く視聴できた。


妻がステージでパフォーマンスする声優さん達を観ながら
「ふふふ・・・」と微笑んでいて、
できあがってんなコイツと思った。
気味の悪い中年夫婦ができあがった。


それ以外はというと、
常に放送大学がついている。
8割が消音。2割音あり。


放送大学シンデレラガールズ
延々鬼リピートされる家庭なので
とてもじゃないけど人は招けぬ。

20171022 トイレ・ヨゴレ

トイレが汚い。
便器の縁裏の部分から
水の流れた後に沿ってピンクの水アカが続いている。


本日はずっと家に居たので、
トイレに入る度にその水アカが目に入る。


あートイレ汚いなぁ。
そう思っていても、
横のトイレブラシを手に取るまでに
相当な勇気というか、よいしょっという気合いというか、
見えない何かが必要な気がする。
こすってしまえば、ものの5分で綺麗になるのに。


便座に座ったときに、
トイレ空間の隅で塊になっている
猫の毛とホコリと人毛の混ざったやつも、
あー、あれ捨てたいなー。
と思って日が経過していく。


つい今しがた
ブラシの件を妻に打ち明けたら
「わかる」と共感してもらえた。
そこが理解しあえる夫婦なので、
トイレはそのままで日が経過していく。


ふとした時にトイレが綺麗になっている。
それはまさに、私か妻、
どちらかがその見えない何かに
打ち勝った時なのだ。


「ああ、打ち勝ったのだな」
そう確認した方は、どちらともなく
ねぎらいの言葉を送り合う。
「トイレ掃除ありがとう」と。


だから私は、
妻が早くあれらに打ち勝って欲しいと思っている。
たぶん妻も、
私に対して同じ気持ちだろうと思う。

20171021 目薬

目薬ってすごない?


「目」の「薬」だから目薬て。
2秒でつけましたみたいなネーミングすごない?
「じゃあほかに何かあるんですか?」
みたいに聞かれても、
「え?うーんいや、目薬出されちゃうとなぁ
何て付けても長ったらしくなっちゃうだけだなぁ」
ってなる力強さすごない?


鼻薬(はなぐすり)とかないじゃん。
膝薬(ひざぐすり)とかないじゃん。
頭薬(ずぐすり)とかないじゃん。
部位+薬のネーミングって目薬意外ないじゃん。
元々特別なオンリーワンじゃん。すごない?


目薬て。
目薬て。
と、今日目薬差す時に思いました。
あと薬のゲシュタルト崩壊しました。

広告を非表示にする

20171020 るいじょう

たった今、あれの方法がわかりました。
しかし、あれの名前がわかりません。
るいじょう?
あ、かりゅうだ!
顆粒の飲み方がわかりました。


私は30歳ということで、
もう我が免疫力を信用しておらず
葛根湯の顆粒を日々飲むわけです。
皆様におかれましても、
日々葛根してることと存じます。
え?しないの?


で、飲み方ですが、
今までは顆粒を含んだ後、水を含み、
口の中で溶かしたものを飲み込んでいました。
これだと、苦甘さが口に付着して
飲んだ後は必ず「あ゛ー」という顔をしなければなりません。


で、今やってみたのは、
顆粒を口に含むや否や、水で素早く喉へ流し込む!
これだとあまり甘苦くありません。
そして私は思いました。
「るいじょうって、こうやって飲むものだったんだな」と。
(↑顆粒を思い出す前)


ただしむせる可能性も否めないし、
私がけっこう喉のゴクゴク力が強い方だと思うので、
ゴク力の低い方にはおすすめできません。
あしからず。

広告を非表示にする

20171019 めめ

依然瞼の痙攣が続いている。
デスクワークやらスマホいじりやらの
眼精疲労ということなのだろうと思う。


調べてみたらやはり目を休ませる
ということに尽きるらしいのだが、
考えれば考えるほど
目を休ませるというのが難しい。


スマホをなるべく見ないようにと思って、
本を読んでもダメだし、
じゃあ到着駅まで目を瞑っていればいいのかというと
間が持たない。座れる電車ではないので眠れるわけもなく。


遠くを見るといいとの情報があったので、
今日は成田空港へいって、
道中の電車で遠くの景色を眺めたり、
遠くから着陸する飛行機を眺めたりした。
ただ展望デッキが土砂降りでそれどころじゃなかった。


ピントを合わせるという作業が
目にとっては負担らしいので、
メガネを外して家の中で過ごすとそれはそれで酔うんだよね。
しかし読むことが日常の義務になりつつある
Twitterに関しては、ボヤけているくらいの方が
さっさとスクロールできることに気づいた。


あとさっき妻に蒸しタオルを作ってもらい
目に押し当てたらちょっと回復した。
そして今日記を書いているからプラマイゼロ。
いや本当どうしたら全回復するのだろう。
生きているだけでずっと毒状態みたい。

広告を非表示にする

20171018 器の愛で方

昨日の日記で、
いいうつわを見て
どうのこうのぶるーのたうと言っていましたが、
そんな器の話を少し。


自分の好きな器を買って
眺める楽しみって、
料理を盛り付けたときにこそ
最高潮を迎えると思うじゃないですか。
私もそこで昇天するものだと思っていました。


しかしこう、
個人的な体感としては
最高潮は皿洗いの時が一番多いです。
それも「最高潮ォ!」というよりかは、
「ふむ・・・、これは中々にいい仕事をしている。」という
やっていることは雑用なのに目線は達人みたいな具合で
しみじみと器の良さに触れるという感じ。


食卓に並ぶときよりも、
皿洗いのときの方が
貫入とか、触り心地とか、
使っている内についた渋とか、
まじまじと手のひらの中で
確かめられるからだろうと思います。
まじ卍。


というわけで、
皿洗いがあまり好きではない人こそ、
器をこだわって選ぶ、
そしてそれを日々使うことを
まじ卍推奨したいです。

広告を非表示にする

20171017 め

左目の瞼が
ってちょっと待って。
瞼ってこんな漢字だった?
こんなイカっぽかった?
何この漢字の感じ。


ああいや脱線した。
左目の瞼がピクピクしている。
仕事中パソコンに向かっていると
このピクピクがまさに目障り。


まぶた 痙攣
で検索すると
ってちょっと待って、
痙攣ってすっごい痙攣してる感あるね。
痙の「くくく」の部分とか
雰囲気出てるね。
攣の目の錯覚を誘う感じとかもすごいね。


ああなんだっけ。
ストレスとか疲れ目とかみたいなので
いいうつわ見たりとか
いい植え込み見たりとか
いいおネエチャン見たりとか
積極的に目の保養をして行かなければ。


目の保養って
つまり心の保養なのに何で「目」なんだろう。
というわけで
めやすみなさい。

広告を非表示にする

20171016 ヘアワックス

洗面台の前で
毎朝コンタクトレンズを装着する際に
カピカピになったヘアワックスが目に入る。


いや、目に入るのはコンタクトレンズ
ヘアワックスは髪につけるもので、
髪につけやしないからそのうちカピカピになる。


先週髪を切った。
その翌日などは、切り立ての感じがなんだか妙で
ワックスをつけて出社してみたりしたのだけど、
毎朝の手間と、
髪をいじる度に訪れる手のベタつきと
帰ってきたらそのまま枕に倒れ込みたいけど
頭ベタベタだから一回洗わないと気持ち悪いとか諸々で
今回も見事な3日坊主ぶりだった。
いや、髪の毛は生えているよ。


そんなこんなで
コンビニで売っている最小サイズのワックスも
一年とか一年半とか経っても余裕で使いきれない。
あのでっかいサイズとか使っている人が
本当にいるのだろうか。想像できない。


もしかしたら
ベタベタにならない整髪料なんか
とっくに発売しているのかもしれないし、
ベタベタにならない付け方もあるのかもしれない。


しかしこう私なんかの中年になると、
つけるメリットがこう、悲しいことになくなってくる。
この余ったワックスってどう捨てればいいんだっけ・・・?
とかいちいち悩むことになる。


そんなワックスどうこう言っている場合ではなく、
ポマードの付け方を勉強しておかなければいけない
年齢なのではないかという気もする。
マンダム。

20171015 洗濯バロメーター

雨が続いてる。
雨ばっかでもう何もできないやー
というどうしようもない感じ、
天気に振り回されている感じは
嫌いではない。
むしろこういう日もいいなぁと思うタイプ。


しかし洗濯ができないのはつらい。
夏が過ぎ気温が下がってくると
ただでさえ短時間では乾きにくくなるというのに。
そしてそろそろパンツがない。
このままだと来週は二軍のパンツで出勤、
家ではノーパンというローテーションになってもおかしくない。


洗濯カゴからあふれる衣類を毎日眺めるたび、
気持ちがちょっと重む。
新語がたった今生まれました。
「重む(おもむ)」。
重くなるという意味です。
ご自由にお使いください。


洗濯ができないというのに、
朝から猫がリバースして
猫用ベッド周りが死亡。
仕方ないからそれだけ洗って部屋干ししたけどさ。


洗濯って、結構気持ちのバロメーターに関与するなぁ。
と、しとしと気な秋の空と私の心。
新語がさらに生まれました。
「しとしと気(げ)」。
しとしととした気持ちという意味です。
ご自由にお使いください。

20171014 蜘蛛

最近、蜘蛛の巣ばかり見てしまう。


以前、
ボサボサとアホ毛が出ている植え込みの木を
眺めながら歩いていたら、
触覚のように伸びた茎二本に綱を渡すように
蜘蛛が巣を作っていて、
非常に関心した。
蜘蛛ぱねぇ。


また別の日の雨上がり、
公園の植え込みで
蜘蛛の巣が雨粒に濡れて
くっきりと輪郭を表している様子を見て、
蜘蛛の巣ぱねぇ、と思った。


人間がうっかり引っかかって
蜘蛛の巣を破壊してしまった後でも、
蜘蛛はせっせと巣を作り直す。健気。


人間は、
自分の家が災害に見舞われて
悲しい想いをすることがあるけれど、
蜘蛛にとっては人間も災害かもしれないな、
などと一体誰目線なんだお前は的な
想いにふけることができます蜘蛛の巣鑑賞おすすめです。
(にしてもマンションの廊下で人間の頭の高さ位置に
巣をつくるのは勘弁してほしいのだが)



蜘蛛を含め
虫は全般的に嫌いですが、
最近私の中で蜘蛛は、
「嫌いな凄いヤツ」という印象であります。

広告を非表示にする